「いつまでも青く、枯れても青く」 copyright 2022 warachan.com rights reserved.


2022年1月16日(日)に訪れた、愛知県豊川市・菟足神社の写真です。
五社稲荷社の近く、国道1号線沿いにある神社です。菟足神社は「うたりじんじゃ」と読みます。社務所は不在でしたが御朱印は書置きが準備されていました。

【下記は、豊川市観光協会ホームページから引用】
7世紀後半頃に建てられたといわれる菟足神社は菟上足尼命(うなかみすくねのみこと)が祀られています。稲の豊作を願った「田まつり」、風に対する信仰を寄せた「風まつり」が行われます。風まつりの際に販売される「風車」は郷土玩具として多くの人が買い求めに来ます。また、弁慶の書と伝えられている「大般若経」585巻は国の重要文化財に、梵鐘(ぼんしょう)は県の有形文化財に指定されています。























copyright 2022 warachan.com rights reserved.