「いつまでも青く、枯れても青く」 copyright 2022 warachan.com rights reserved.


2022年1月16日(日)に訪れた、愛知県豊川市・諏訪神社の写真です。
砥鹿神社に行く途中に見つけた神社です。無人の小さな神社ですが、メール対応での御朱印がありましたので、参拝して申し込んでおきました。平和を守る戦禍の狛犬がありました。急遽の立ち寄りだったので、本殿の写真しか撮っていませんでした。

【下記は、諏訪神社ホームページから引用】
創建は明らかではありませんが、長野県の諏訪大社より勧請しました。永正(えいしょう)年間(1504〜1520)市田城主牧野四郎左衛門、鳥居祐節等が武運の神様として崇敬したとの記録があり、地名も古来より諏訪と呼ばれていました。明治初期までは市田の出郷で戸数38戸の寒村でしたが、豊川海軍工廠の設立により人口も増し大きな町となり、明治13年5月7日諏訪社を諏訪神社として改称しました。昭和20年8月7日の空襲により、社殿が消失し仮殿での祭祀を行ってきましたが、昭和43年より町内各位の御浄財により鉄筋コンクリートの社殿が創建されました。戦禍に傷つき平和を祈る狛犬が座しています。






copyright 2022 warachan.com rights reserved.