「いつまでも青く、枯れても青く」 copyright 2022 warachan.com rights reserved.


2021年12月28日(火)に訪れた、愛知県豊川市・財賀寺の写真です。
今日は予定していた豊川、新城の寺社巡りに出かけました。財賀寺は以前から行きたかった寺院ですが、期待通りに素敵なところでした。ひんやりとした空気と朝の陽ざしが心地よかったです。

【下記は、財賀寺ホームページから引用】
神亀元年(724年)、聖武天皇の勅願により、行基菩薩開闢。弘法大師中興。最盛期には七堂伽藍を有し、山内外に数百の院坊を備えていました。源頼朝が平家討伐を祈願、そのお礼として八間四面の本堂ならびに仁王門を再建、寺領千三百石余を寄進されました。応仁年間の兵火により、二十余坊を残すのみとなりました。牧野古白が再建、以降、今川・徳川などの諸将の庇護をうけました。特に徳川家康は、朱印百六十石余、山林三十六町余を与え、当寺は十万石の大名と同じ格式を認められていました。財賀寺の読み方については確定されていませんので、「ざいかじ」でも「ざいがじ」でも「さいがじ」でも構いませんが、当山では書道の場合を除いて「ざいかじ」で一応統一しています。






























copyright 2022 warachan.com rights reserved.