「いつまでも青く、枯れても青く」 copyright 2022 warachan.com rights reserved.


2017年8月19日(土)に訪れた、滋賀県彦根市・彦根城の写真です。
彦根城は、私がクルマの免許をとったころ、両親を乗せてドライブに来たことがある場所です。小雨の中、時期でもない梅園を歩いた記憶がありますが、今となってはその記憶も正しいかどうか怪しいです。天守の残っている12城のうち、国宝は、松本城、犬山城、姫路城、松江城、そして彦根城の5城です。その中で訪れた記憶のあるのは、松本城、姫路城、そして今回の彦根城だけです。犬山城は近いにもかかわらず訪れたことはありません。彦根城は、本当に美しい城です。近くで見るとその美しさがよりよくわかります。彦根城は関ケ原のあと、石田三成の佐和山城を一掃するために家康の命により建てられた城で、当初は違う場所に建てる予定だったそうですが、井伊直政から直継の代になって、現在の位置になったと言われています。歴史は、本や教科書だけでは頭にはいらなくて、歴史の場所に来て、何がここであったかを思いめぐらせて初めて断片的な知識が糸になるような気がします。天守から見える小さな山も、あれが佐和山だとわかると、特別な山に見えてくるので不思議なものです。さて、彦根といえば、ひこにゃんですね。イラストよりも実物のほうがずっとかわいいです。動きが本当にゆるゆる。音楽も無くひこにゃんがゆっくりと動くだけなのですが、それがなんとも癒されます。暑い中、お疲れ様です。ちなみにひこにゃんは、ゲート前の博物館表御殿に登場するので、彦根城観覧料無しに見ることができます。その写真を最後に付けておきます。






























copyright 2022 warachan.com rights reserved.