「いつまでも青く、枯れても青く」 copyright 2022 warachan.com rights reserved.


2010年6月26日(土)に訪れた、京都府京都市・知恩院の写真です。
白川を楽しんだあとは、知恩院を見に行くことにします。知恩院の古門をくぐると長い華頂道が東に続いており正面に黒門が見えてます。黒門の前で右に曲がって神宮通を南に少し歩くと知恩院の三門があらわれます。この三門の大きさは一見の価値有りです。重厚で迫力満点、こういう建築物は見惚れてしまいます。三門の奥は男坂とよばれる長い急な石段になっています。雨で濡れて光る段差のある階段を登ると、広い場所に大きな御影堂や宝佛殿、経蔵、阿弥陀堂などが現れます。さらに奥に行くと方丈庭園があるらしいのですが、今回は三門だけで大満足状態でしたので、次の目的地に急ぐためにそこで戻ることにしました。あとで、勢至堂奥の墓地内に二代将軍徳川秀忠の長女である千姫のお墓があったことを知り、そこは行っておけばよかったと少し惜しいことをしました。戻りは、登ってきた男坂の石段を下りていくのではなく、女坂と呼ばれる緩やかな坂を歩いて三門に戻りました。


















copyright 2022 warachan.com rights reserved.