「いつまでも青く、枯れても青く」 copyright 2022 warachan.com rights reserved.


2008年5月18日(日)に訪れた、京都府京都市・南禅寺の写真です。
二日目は、浅田次郎の小説「活動寫眞の女」のラストシーンで三谷と早苗が訪れた南禅寺から永観堂(禅林寺)への足どりを追うことにしました。南禅寺はテレビドラマのロケ地の定番でもあります。テレビドラマのロケでよく使われる水路閣を見て、ちょっと自分がドラマの中の人物になった気分で心の中で台詞を言ったりしてみます。その後は、南禅寺の三門に登って新緑の景色と気持ち良い風の中でのんびりとした時間を過ごします。











copyright 2022 warachan.com rights reserved.