「いつまでも青く、枯れても青く」 copyright 2022 warachan.com rights reserved.


2015年8月1日に開催された、愛知・岡崎の「岡崎城下家康公夏まつり花火大会」の花火の写真です。
岡崎の花火は昨年初めて東公園から撮影したのですが、ちょっと遠すぎたので今年はもう少し近くでと思って矢作川西側堤防道路の国道1号線矢作橋と県道56号線日名橋のちょうど中間のあたりの場所を選びました。花火が上がってみると、これが大失敗。矢作川の打ち上げ場所と乙川の打ち上げ場所と撮影地点が正三角形に近い関係になっていて、両方の花火を一緒に入れての撮影がまったく絵になりませんでした。それぞれの花火は単調なので、競演させないと迫力がでません。そして堤防は人があふれ片側の撮影はどうしても人が入ってしまいます。満月に近い夜も空が明るくてダメですね。来年は両方が並んで見える地点(西側か東側?)を探したいと思います。途中から飽きてしまい、金曜日にブルームーン満月だった月と花火と二重露光させて、存在しない場所に月を写し込んだ写真を撮ってみたりして遊んでいました。



































copyright 2022 warachan.com rights reserved.