「いつまでも青く、枯れても青く」 copyright 2022 warachan.com rights reserved.


2021年11月25日に訪れた、京都・清凉寺の紅葉の写真です。
奥さんや娘は今年は都合がつかなかったので、今年の鎌倉は久しぶりのぶらりひとり旅。 今年はいろんな花の時期が早いので、例年より早い13日、14日に行ってきました。 ホテルに荷物を預ける時に、ホテルのお姉さんに「紫陽花は見頃ですか」と聞いたら、「まだ雨が降っていないので外側だけで全体には早いと思います」との答え。心配しながら13日に明月院、浄智寺、葛原岡神社、銭洗弁財天、14日に長谷寺、御霊神社、極楽寺などを見てきましたが、心配することもなく、どこもみんな見ごろでとてもきれいでした。この土日で正解だったと思います。紫陽花の花は長持ちするので、翌週の20日、21日もまだ充分楽しめると思います。 まずは、明月院のあじさい。 今年も明月院ブルーのあじさいがとても美しかったですが、その中に紫のあじさいが混じってきているのが気になりました。明月院の参道のあじさいは、明月院ブルー一色であってほしいものです。それにしても、人が多すぎ。写真を見ていただければわかりますが、あじさいを撮っているのか人を撮っているのかわからない状態です。今年はどうもテレビ番組の影響かあるようです。
























copyright 2022 warachan.com rights reserved.